試合に勝つにはどうすればいいですか?

IMG_8031-0.JPG北九州市小倉北区のブラジリアン柔術道場ボヘミアンズです。

 

ドゥマウ九州大会まであと10日ほどとなり、出場のメンバーは試合モードになりつつありますね^^
試合に出ない人の方が大半なので、出場メンバーはクラスがない時間に試合用の練習をしていっています。

 

さて、初心者の方から、試合に勝つにはどうすればいいですか?とよく聞かれます。
やはり、皆さん試合には勝ちたいものですよね。

 

でもよく考えてみてください。
400人中半分の200人は1回戦負けです。
さらに全試合勝って帰る人は5%くらいでしょうか…。
勝負の世界はなかなか厳しいですね。

 

そんな中で勝つことばかり考えていては、余計な力が体に入ってしまい実力を出し切ることも難しくなってきます。

 

陸上100mの短距離選手は、勝とうと考えると、力んでアゴが上がってしまうため体の推進力が使えずに失速してしまうそうです。
逆に「負けない」と考えるとアゴが締まり、胸を張って良い姿勢で走ることができるんだそうです。
勝ちたいというのは相手との勝負ですが、負けないというのは自分との戦いであると言えるのではないでしょうか。

 

試合中は相手が何をしてくるか分からないため、自分の臆病な心に負けてしまうと、余計なミスをしたり、組手や展開を妥協してしまうことがあります。
試合の最後まで自分に負けずに終えることができたら、試合結果はどうあれ納得のいくものになります。

 

相手の強さをコントロールすることは出来なくても、自分をコントロールする方が簡単なはずです。
柔術の試合においても「負けない」を合言葉にがんばってみてはいかがでしょうか?
それでは、あと10日がんばっていきましょう^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。