スポーツジムより柔術に通うべき4つのタイプ診断

年度末の仕事も一段落、さて心機一転ジムでも通って鍛えるか!という方も多いはず。
ちょっと待ってください、その前にスポーツジムのデメリットはご存知でしょうか?
以下のタイプに当てはまる人は、スポーツジムに通うより柔術の方が合っているかも知れません。

 


 
 

タイプA ついサボりがちな人
このタイプの人は、何をやるにしても1人でやると億劫になってしまい継続できないことが悩みのタネ。
楽しさなど継続する理由が必要になってきます。

 

ジムに通うのを先延ばしにしてしまう

家を出ようと思っても、明日にしよう・・と先延ばしにしがち。
これを繰り返すことで、ジムから足が遠のいてしまうのです。

 

筋トレやダイエットの効果は通わないと元に戻る

足が遠のいてしまったり、忙しくてジムに通えない時期があると、せっかく鍛えた筋肉やダイエットの成果が元に戻ってしまいます。
せっかく、がんばって通った日々が水の泡に。
無駄になるなら、最初からがんばるのやめよう・・とさらに足が遠のく結果に!

 

柔術なら解決!

道場に行けば、大勢の練習仲間がいるため、続けることが苦痛ではありません。
当スクールでは、90%以上の人が習慣化することが出来ています。
むしろ、ストレス発散になるから、多少忙しくても行きたい!という人がほとんどです。
仮に忙しくて道場に行けない日があっても、覚えた格闘技の技術までは奪われません。
通っている日々が無駄にならないのです。

 
 

タイプB 成長を実感したい人
このタイプの方は成長を感じることをモチベーションにしています。
やる気があるので、多少億劫でもジムに通うことができます。
せっかくやる気があるので、モチベーションを維持することがポイントになります。

 

筋トレは同じことの繰り返し

筋トレはいくつかの種目があるとはいっても、基本的には同じことの繰り返しになります。
同じ動作の繰り返しで、せっかくやる気があるのに飽きてモチベーションが下がってくることも。
単調さに耐えられずにトレーニングを辞めてしまう人も多いです。

 

筋トレやダイエットには停滞期がある

筋トレやダイエットの効果は右肩上がりではありません。
多くの人には停滞する時期が何度も訪れます。
きついトレーニングをやっているのに、扱う重量が落ちたり、体重が増えてしまったりといったことは、よくあることです。
やる気満々なのに、成長が感じられないことでモチベーションが下がってしまう結果に。

 

柔術なら解決!

格闘技の技術は無数にあり、自分だけのスタイルを作っていくことが出来ます。
ゲーム性が高いため、飽きが来ることもありません。
柔術は筋力だけでなく、知識や技術も重要になってきます。
日々、出来ないことが出来るようになるといった成長を実感し続けることが出来ます。
次の帯を目指したり、人によっては試合にチャレンジしたりと、先があることでやる気を保つことが出来ます。

 
 

タイプC 人と違うことがやりたい人
普通のトレーニングはみんなやっています。
SNSにジムでのトレーニング姿をアップしている方はたくさんいらっしゃいます。
人と違うことがやりたい人にはちょっと物足りなさを感じるかも知れません。

 

柔術なら解決!

道着姿はSNS映えします。
よく見かけるトレーニングウエアよりも道着姿はインパクト大
人との違いを演出して、日常とは違う自分に変身することが出来ます。
テレビでしか見たことの無かった世界に触れて、ワクワクします。


 
 

タイプD それでも筋トレがしたい人
当スクールにはトレーニングルームがあり、パーソナルジムなどで採用されているプロ仕様の設備が整っています。
インストラクターがトレーニングフォームや使い方を指導いたします。
格闘技のトレーニングと筋トレを組み合わせてさらなる効果アップが見込めます!
しかも、会員様であればこれらの設備を無料で使えます!
スポーツジムに使うお金を節約できるのです。

 

いかがだったでしょうか?
以上4つのタイプに当てはまる方には柔術をおすすめします!

 


【最大2万5千円以上お得!】
春のビギナー応援キャンペーン第2弾!
内容:入会金無料+柔術着プレゼント(1万円5千円相当)+道着バッグプレゼント
期日:4月末まで
定員:先着10名


ブラジリアン柔術「ボヘミアンズ」
📲080-5005-4487
📩bohemiansbjj@gmail.com
北九州市小倉北区白銀1丁目3−10-2F
月会費9,800円

クラススケジュール
平日 20:00 – 22:00
土曜 18:00 – 20:00
日曜 10:30 – 13:30

■ 火、木、金、土、日(柔術クラス)
■ 水(ノーギクラス)
■ 月(定休日)


【過去ブログ抜粋】


見学・体験はこちらから