INSTRUCTOR

柔術インストラクター

えばしくん

江端講平(えばしこうへい)KOHEI EBASHI


プロフィール

生年月日 1984年9月10日
黒帯
階級 ライトフェザー級
身長 175cm
体重 62kg
好きな動物 イタチ
好きなアーティスト オフィシャル髭ダンディズム
好きな映画 レオン
私が柔術をはじめたきっかけ

私は今でこそ柔術黒帯でやってますけれども、学生時代は喧嘩ひとつやったことないような真面目で、喋るのも遅くて、なんと、付けられた、あだなが”ヒツジ”でした。高校は帰宅部でなんの取り柄もない私が柔術を始めたきっかけは、PRIDEという格闘技イベントでノゲイラを見てからです。今の人は全然知らないかもですけど、ノゲイラという選手は打撃の強い相手にも不思議なテクニックで逆転したり、柔術マジシャンっていうあだ名がつくくらいだったんですよ。打撃の強い相手も必ず極めてしまうその姿に魅了されて、強くなるなら柔術だ!と思い、柔術道場の門を叩いたのです。そして、真面目だった私が、なんで強くなりたかったかっていうと真面目だったからこそ、ヤンキーとかに対して男としてコンプレックスがあったんだと、今思えば思います。とにかく強くなりたいと思いながら、初めて柔術のテクニックを練習した時はすごくドキドキしたことを覚えています。まるでマジシャンのタネを知ってしまったかのように「僕も同じようになれるかも」と思いました。そして、柔術テクニックを知れば知るほど中毒のようになっていき、マジックのタネをもっと知りたい!と思って海外からDVDを取り寄せたり、色々大会に出ていき、今まで触れ合ったことのない色んな人と知り合えて、狭い自分の人生の価値観がどんどん逆転していきました。今となっちゃ、ヤンキーとか、なめられたくないとかどうでも良くて、人生の幅を広げてくれた柔術での体験をぜひいろんな人にも感じてもらいたい!と活動しています。

 

これから柔術を始める方へ
私が柔術を始めた時は、体の線が細く、強くなれないだろうと言われていました。しかし、全国大会では4回優勝し、12回入賞(優勝含)することができました。ブラジリアン柔術はテクニックや戦略を磨く事によって、自分より大きな相手や若い相手を制することができる格闘技です。ヒツジでも強くなれます。柔術のテクニックを是非体験してみてください。きっと日々の生活に新しいインスピレーションを得ることができます。

 

主な大会成績・受賞歴
世界選手権
2012 黒帯ライトフェザー級 出場

アジア選手権
2012 黒帯ライトフェザー級 準優勝
2010 茶帯フェザー級 3位

全日本ブラジリアン柔術選手権
2017 黒帯ライトフェザー級 3位
2015 黒帯ライトフェザー級 3位
2011 茶帯ライトフェザー級 優勝

全日本ノーギ柔術選手権
2017 エキスパートフェザー級 優勝
2016 エキスパートフェザー級 3位
2015 エキスパートフェザー級 準優勝

全日本ノーギ柔術オープントーナメント
2018 エキスパートフェザー級 優勝

全日本ブラジリアン柔術オープントーナメント
2009 紫帯フェザー級 優勝
2009 紫帯オープンクラス 3位

GiアマチュアBJJオープントーナメント全国大会
2006 青帯ライトフェザー級 3位

スーパーファイト、スペシャルワンマッチ戦績
2015 エキスパートフェザー級 ○一本勝ち
2014 黒帯フェザー級 ○7-0勝ち
2012 黒帯無差別級 ●一本負け

受賞歴
2018 日本ランキング ノーギ部門1位
2012 第2回柔術新聞賞受賞
2011 日本ランキング 茶帯部門1位

指導実績
東京、中国、四国、福岡、熊本、鹿児島など全国各地でのセミナーやレッスンなど指導実績があります。

image1 (2)

東京・新宿セミナー

(熊本柔術キャンプ)柔術を通して仲間が増えました♪

熊本柔術キャンプ

メディア実績
柔術魂10
単独特別企画 付録DVD30分の技術解説
インタビューなど10ページ以上の特集
IMG_0808

ナッセ北九州
巻頭カラーページでの特集

KBCラジオパオーン
山下まりえの天下一武道会」出演