(テクニック紹介)ラッソーガードからのキスオブザドラゴン

北九州市小倉北区のブラジリアン柔術道場ボヘミアンズです。
今日はみんなで練習した、ラッソーガードからのキスオブザドラゴンを紹介したいと思います。

 

①まずは、ラッソーガード&リバースデラヒーバ(ハーフスパイダー)の体勢からスタート
相手は通常のラッソースイープを警戒して、画面右側に重心を置いています。
1

 

②次は、回転の準備をします。
袖を持っていた手を襟へ、かかとを持っていた手は肘裏を相手の足首にひっかけるようにしてアンダーフックします。
この2点を支点として、自分の腰を持ち上げていくことになります。
3

 

③次は腰を持ち上げ、逆さの体勢になります。
②で作った支点を使って、高く腰を持ち上げます。
また、ラッソーガードを作っていた左足は振り上げるのではなく、そのままフレームにして、足の腰と重心のコントロールに使います。

4

 

④相手の股をくぐって反対側に出ます。
襟を持っていた手はフレームを作り、相手の足をブロックしつつ、ラッソー足とともに腰をコントロールします。
ラッソー足は腰のコントロールのほか、壁を作り、相手の重心を画面右側に維持しておく役割があります。
右手は足の下にフレームを作るとともに、足をブロックします。
5

 

⑤相手の足の外側にかかっている右足を股の中にフックしなおします。
この時、相手の重心は画面右側にあるため、相手の右足は軽くなっており、簡単に持ち上げてフックしなおすことができます。
6

 

⑥最後は右手を帯(またはパンツ)に持ち替え、フックしなおした右足を蹴り出して相手を前に送ります。
この時の注意点は蹴り出すのは右足のみということです(左足は蹴らない)。
7

 

⑦相手の鼠径部に足をフックしたらバックの完成!
ここから、色々な関節技や絞め技に入ることができますヽ(*´∀`)ノ
8

 

というわけで、BJJSCOUT風に作ってみました(笑)
本当は動画に直接文字やマークを入れたかったのですが、よくわからなかったので画像でやりました。

 

ボヘミアンズのTwitter、Facebook、YouTubeなど各SNSにページがあるので、もしよろしかったらフォローをよろしくお願いします!

  「(テクニック紹介)ラッソーガードからのキスオブザドラゴン」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。