小倉(北九州)‐大阪間を格安で移動する方法!

ブラジリアン柔術の試合・イベントなどで大阪に行く機会が多く、色々な交通手段をよく調査するのですが、なかなかまとめられているサイトがないため、格安に小倉-大阪間を移動する方法をご紹介します!

今回は想定として、約1ヶ月後、2017年4/22(土)~4/23(日)の旅程の場合を調査してみました。
GWなどの長期休暇中は特別料金となっていることが多いので、ご注意ください。

 

■新幹線

スーパー早得きっぷ(ネット予約限定) 10,290円
トク得!ひかり・こだま 6,900円

 

「スーパー早得きっぷ」の場合は、「のぞみ」や「さくら」利用なので、2時間程度の所要時間で到着します。
「トク得!ひかり・こだま」はJTBで購入可能で、乗車時間は4時間半程度です。

 

■LCC(Peach,Jetstarなど)

福岡空港⇒関西空港 8,190円
関西空港⇒福岡空港 5,890円
小倉駅-福岡空港(高速バス片道) 1,230円

 

LCCはサイトを見た時点が最安であることが多く、後で見ると価格が高くなっていることがよくあります。
上記価格は最安の時間帯をピックアップしているため、出発時間により1,000円~2,000円程度の誤差があります。
また、福岡空港からの出発になるため、小倉駅から高速バス等で移動する必要があります。
高速バス運賃などを含めると時間・料金ともに新幹線の方が有利かも・・。
ただし、今回の設定にはありませんが、平日料金の場合、LCCは3,000円台の激安価格であることも少なくありません。

 

■名門大洋フェリー

新門司 – 大阪南港(17:00発) 5,096円
新門司 – 大阪南港(19:50発) 4,319円
大阪南港 – 西梅田 320円

 

小倉駅から新門司までの無料送迎バスが出ています。
17:00発便と19:50発便で料金が変わります。
12時間程度航行し、翌朝到着します。
長時間ですが、雑魚寝が気にならない方は横になれるので快適に過ごせます。
家で寝るのもフェリーで寝るのも大差無いと思える方にはお得かと思います。
ただ、帰りは月曜早朝となってしまうため、仕事が控えている方は他の交通手段と組み合わせることをオススメします。

 

■阪九フェリー

新門司⇒泉大津 5,096円
泉大津⇒なんばOCAT 410円

 

小倉駅から新門司までの無料送迎バスが出ています。17時頃に出発のみのため、金曜仕事のある方は乗船が難しいかもしれません。
また、帰りも月曜早朝着であるため、名門海洋フェリーと同じく、仕事への影響を考慮する必要があります。

 

■高速バス

小倉 – 大阪 4,700円

 

およそ、21時~22時台頃に乗車し、8時間程度乗車します。
車内で睡眠をとることになりますが、慣れていないと身体的な負担が大きいです。

 


まとめ

それぞれ長所・短所があるため、予算や時間、生活スタイルに合わせていくつかの交通手段を組み合わせて利用するのが、良いかもしれません。
また、今回記載してある料金は今後変更となる可能性がありますので、あくまで参考ということで実際に旅行される際には、それぞれのサイト等で調べてからご利用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。